神奈川県住宅供給公社は、東海大学と公社団地を活性化する取り組みを連携して進めることになり、 1月21日(火)に両組織のトップが連携協定締結を発表した。
 県中西部が対象になっており、二宮団地でも新たな取組みが始まる可能性がある。

記者発表資料は【こちら】